青鶴茶舗  フランス人日本茶インストラクターにより厳選されたお茶や茶器


熊本釜炒り茶、芦北、やぶきた

茶種: 釜炒り茶
産地: 熊本県芦北市告
品種: やぶきた
摘採: 2017年5月5日
熊本釜炒り茶、芦北、やぶきた

Click to enlarge


無意識に飲み続けられる、飽きの来ない香りと味わいのお茶。
 熊本県産。現在三代目の梶原敏弘さんは、おじいさんが昭和30年ごろ開拓した茶園を守り育てています。杉に囲まれた傾斜30度の斜面です。化学肥料を使用せず、またあえて肥量自体の量をグンと減らすことで、茶樹が持つ生きる力を生かした栽培を行っています。初代の頃から使われている丸釜などを使用した釜炒り茶は、機械や数字では表せない日々の差異を、梶原さんの培ってきた五感をもって微調整され、完成します。
このやぶきたのお茶は、甘栗や焼き芋のような、九州の釜炒り茶独特の香りがします。 口に含むとすぐに風味が広がり、渋みがなくすっきりと軽やかです。後味には少し草木の風味があり、うま味もかすかに感じられます。
余韻は長く口に残り、釜炒り茶のお手本といえるお茶です。

淹れ方のヒント
  • 茶葉の量: 4 g
  • お湯の量: 70 ml
  • お湯の温度: 80°C
  • 浸出時間 60 秒


cat-kumamoto cat-yabukita


熊本釜炒り茶、芦北、やぶきた
KMI-26-001-100

1,512円  / 100g
カートに入れる: