青鶴茶舗  フランス人日本茶インストラクターにより厳選されたお茶や茶器


宇治抹茶 宇治白川 さえみどり

茶種 : 抹茶
産地 : 京都府宇治市白川地区
品種 : さえみどり
摘採 : 2017年5月 手摘み
宇治抹茶 宇治白川 さえみどり

Click to enlarge


宇治白川は、小さなエリアにもかかわらず、宇治の中でも名高い玉露の産地です。同時に、宇治白川地区の生産農家辻喜代治氏の貢献により、抹茶産地としても有名になりました。
単一の茶園で栽培されブレンドされていない抹茶はめったにありませんが、青鶴茶舗- Thés du Japonでは気候風土、生産者、品種の特徴を大事に考え、ブレンドしていない抹茶をお薦めします。当店の抹茶は棚がけ被覆、手摘み、自然仕立ての伝統的な方法で作られています。
この品種は数年前から急速に国内中で栽培されるようになりました。早生できれいな色が人気ですが、お茶のうま味のもとであるアミノ酸がたっぷり含まれていることも好評です。さえみどりは覆い下栽培用ではなく煎茶用の品種ですが、徐々に玉露や抹茶にも使われるようになってきています。
淹れたお茶の香りは甘い野菜のようになめらかで繊細です。口あたりもとてもまろやかで、さっぱりとうま味たっぷりでしっかりとしています。とても上品なうま味が主体で、後から豆や軽くいぶした、わずかに森のような感じの香味が後味に感じられます。全体としてとても優しく、決して青臭くはない青々とした草木のようなうま味がたっぷりで、さえみどりの特徴がよく出ています。

薄茶&濃茶用

動画 : 抹茶(薄茶)の立て方

薄茶の点て方
  • 抹茶の量: 2 g
  • お湯の量 : 60 ml
  • お湯の温度 : 80℃


cat-uji cat-saemidori


宇治抹茶 宇治白川 さえみどり
MTC-49-005-020

3,024円  / 20g
カートに入れる: